Monthly Archives: 8月 2015

  • -

働き盛りで直面する親の介護!一人暮らしの親の食事はどうする!?

コンビニも参入する宅食サービス

女性の高齢者の場合、夫が亡くなり、子供も独立して一人暮らしとなると料理が面倒になったとインスタント食品ですませてしまうようになったりするものです。自治体の配食サービスは65歳からですから、その前からそのような状況がみられる時には安否確認も含めて民間の業者にお願いするのもいいでしょう。民間には宅食専門でサービスをおこなっている業者もあり、そのままの状態で食べれたり、レンジで温めるだけのものなど形態も多様化しています。また、食事制限のある高齢者にも特別メニューを届けてくれるサービスもあるのです。近年では外食チェーン店やコンビニも参入してきており、食べやすく調理された一人分の御惣菜などがあるので、食べきれないということもなく便利ですよ。

自分も楽ができる!ネットスーパー

介護予防の観点から考えれば、なるべく親には自分自身で買い物に行ってもらうのがよく、転倒の危険性があるならヘルパーさんに買い物の同行を頼んでもいいでしょう。しかし、体調がすぐれない時や歩行が困難な場合もあり、近所なら子供が食材を届けるという手もありますが、働いていたりすると難しいですよね。そこでネットスーパーを利用すれば、子供の代わりに買い物をして実家まで届けてくれるので、手間も省けます。食材だけでなく、調理済みの総菜などもありますので、注文は本人に任せてもいいですし、選ぶだけ選んでもらい、注文依頼は子供がおこなうという方法でもいいでしょう。

摂食・嚥下障害向きの商品も

高齢になると食べ物が気管や肺にはいる誤嚥をおこしやくなるものです。食べ物を認識して口に運び、かんで飲み込むという一連の動作がスムーズにできなくなる摂食、嚥下障害がその原因になります。最近は高齢者施設でもソフト食を提供するところが増えてきましたが、このソフト食を自宅に届けてくれる業者もあるのですよ。また、介護用食品もスーパーやネットなどで販売されていますので、子供が情報を集め、親のニーズにきちんと対応しているかどうかを見極め、親好みの味かどうか、1食あたりの量はどうなのかなどチェツクしてからサービスは利用するようにしましょう。

介護の求人は非常に多く、現在では介護業界自体が人材不足に悩んでいる傾向にありますので、積極的に採用を狙う事が出来ます。


  • -

意外とホワイト!工場のバイトがおすすめできる理由

工場のバイトは決して悪い環境ではない

工場と聞くとラインでひたすら黙々と働かされるような、あまり人気のない職場考える向きが昔はあったようです。しかし実際に工場のアルバイトはそんな避けたくなるような職場なのでしょうか。いえ、それは偏見に近いものがあるといえるでしょう。工場とは非常にしっかりとしたルールのもとに運用されているものです。大企業の工場ならば特にその傾向は顕著であり、待遇を見るならばいわゆるホワイトといえるような職場も非常に多くあります。では具体的にどのあたりがホワイトなのかに触れてみましょう。

サービス残業がなく、稼げる

工場は働いてる人間の労働時間を非常にしっかりと管理しており、社員にせよアルバイトにせよ勤務時間は確実に記録する必要があります。そうしないと効率などを判断できないからです。ですので他0無カードだけ切って働かされるようなサービス残業はなく、きちんと働いたぶんの給料は支給されますし、残業は時給に上乗せされます。残業も何時間必要かなどは算出されるので、だらだらやることはありませんし、繁忙期で残業が必要なときはガッツリ稼ぐことも可能です。

休みもきちんともらえる

工場は予め稼働させる日というものが決まっています。使用する素材や備品の都合でそうしておかないときちんとした生産管理ができないからです。また工場を休業させる日なども一般的な長期休暇中に合わせて多くあったりするので、休みなく働かされるということはありません。週休2日は確保できますし、お盆や年末年始なども休みになることがほとんどです。このように工場の労働環境や待遇は優れており、働けば働いただけ給料に反映されますし、休みも確実に取れる大変にホワイトな職場なのです。

工場の求人は工場が多い工業地帯になると非常に多くあります。人材が不足していますので、積極的に採用を狙う事が出来ます。


  • -

保育士の免許を取得したい!専門学校や短大を利用する!

保育士の免許を取得するには!

保育士免許を取得するには、二つの方法があります。まずは、国家試験に合格するということです。場合によっては、公務員試験も受けなければならないような場所も存在するために、注意が必要ですよ。他には、短大や専門学校を卒業して同時に免許を取得することができるといったものです。これは、国が定めた実習の期間をクリアすることによって、取得できるために、そう簡単には取得することができないものです。どちらも難しいですが、教育機関に行くと夢に一歩近づきますよ。

短大や専門学校で学べること!

短大や専門学校では、保育士になるための知識を身につけることができます。二年間で、一流の保育士になるための知識を身につけなければならないために、四年制大学に比べると非常に多忙な毎日を過ごすことになります。また、卒業と同時に免許取得をしたいと思ってる人は、実習にも参加しなければならないためにより大変になってしまいます。しかし、国家試験が免除になるだけでもだいぶ負担は減りますので、保育士になりたい人は行くべきですよ。

どうしても学校に行きたい人は?

保育士になりたいけど時間の関係上学校に行くことができない人っていますよね。そういった人は、夜間に開講している専門学校や短大に行ってみるとよいでしょう。全国にありますが数は限られてしまいます。夜間といっても、18時から授業が始まるために、そこまで深夜というわけではありません。また、社会人の人ですと少し大変ですが、仕事終わりに学校に行って勉強するということが可能なのです。転職を考えている人は、一度短大に行って知識を身に付けるのもよいでしょう。

保育園の求人では、給食調理や園児の送迎担当でない限り、保育士の資格を所有していることが必須の条件です。


  • -

ファミレスのアルバイトに受かるためのコツとは?

土日に勤務できることをアピール

ファミレスは平日にもお客さんはきますが、土日になると、さらに多くの方がきます。家族連れで外食を楽しみにくるのはやはり土日になるからです。ただ、アルバイトをする側の人間としては、平日に仕事をして土日などの休日には休みたいと思う人が多いでしょう。したがって、土日はどうしても人が集まりづらいのです。そういった事情がありますから、土日も問題なく勤務できるとアピールすれば採用確率は上がるのではないか?と思います。

過去に飲食店でのアルバイト経験がある

居酒屋でもカフェでも何でも良いですが、過去に飲食店の特に接客業務で経験があれば、ファミレスのアルバイト共に共通点があるでしょうから、そこは経験者としてみてくれる場合もあります。経験者じゃないと雇ってくれないわけではないでしょうけど、経験者であることは有利には働くはずです。お店としても教える間もなく、すぐに即戦力になってくれた方が助かりますから。そのようなアルバイト経験があれば、絶対に伝えておいた方が良いと思います。

面接でいかに印象よく振舞えるか?

最後はやっぱりここでしょう。面接でいかに印象の良い人だと思ってもらえるか?です。人前で接客することが多いわけですから、印象がよくないと思われたら、お客さんの前には出せません。そう思われたら採用されないでしょうから、いかに話し方、表情、受け答えの内容などで印象よくもってもらえるか?が重要なのです。これはテクニックの部分もあるので難しいかもしれませんが、面接の前には意識をして練習をしていけると良いと思いますね。

多くの飲食店が点在する大阪は求人の数も多いので、職場が決まりやすいエリアといえます。洋食や和食など店のジャンルも様々で、飲食の求人なら大阪ということができます。


  • -

ファーストフード店のアルバイトで働くメリット

新商品が出るといち早く食べられる可能性がある

これはファーストフード店によっては、その会社が開発した新商品を実際にお客さんに販売を開始する前に従業員で食べることが出来ます。試食程度ですが、タダで食べられますし、世の中の多くの人がまだ食べられていない現状で、いち早く食べられるのは、やはりそのファーストフード店のアルバイトとして働いている人の特権とも言えるのではないでしょうか?誰よりも早く、自分たちだけがというのは、やはり特別な嬉しさがあると思いますね。

割引価格で商品を購入できる

これはそのファーストフード店で販売しているメニューをアルバイトが購入するときには割引価格で購入できるという特権です。アルバイトをしている人もそのファーストフード店で食事をしたいときもありますから、そのときに少しでも安く買えればお得でしょう。だいたい、2~3割くらい安く買えることが多く、お金があまりない学生などがアルバイトしているケースもありますから、そういう方にとっては少しでも安く利用できるのは大きいですよね。

男女共に人気のあるアルバイト

ファーストフード店のアルバイトは、特に男女に偏りがなく、結構バランスよく働いていることが多いです。つまり、男女どちらが応募しても楽しい環境で働きやすいということになります。また、男女比がそれなりに揃っているので、異性の友達や恋人を探すときにもぴったりかもしれません。高校生や大学生が多く働いているので、そのあたりの年代の方がアルバイト先で異性の友達や恋人を探すときには、候補にしても良い仕事になるのではないでしょうか?

飲食店の求人に応募をして採用されるとアルバイトをすることが出来ますが、この仕事の利点としてはまかないとしてご飯を食べられる場合があることです。


  • -

強みはなにもない!!キャリアの棚卸でお宝を掘りおこそう

まずは材料集めからはじめよう

転職するのに自分には強みが何もないからとあきらめている人はいませんか。そのような人でも、これまでに仕事でこなしてきた課題を乗り越える中で培ってきたノウハウというのがあるはずです。自分には何ができて、将来どうしたいのかをつかむために、これまでの仕事をリストアップして自己分析するところからはじめてみましょう。最初は社会人になってから今までの仕事歴で印象的だったことや評価されたことなどのエピソードと事実と経緯がわかるように時系列でリスト化し、会社ごとに1枚のシートにまとめてみましょう。

強みをピックアップして方向性を決める

書きだしたエピソードから今まで継続してきたことや、得意なことなど自分の強みをピックアップしていきます。それを専門的に継続してきたこと、他の会社でも使えると思う専門性、得意なことや好きなことというようにわけて明確にするといいでしょう。ここまでのステップを踏まえて、今、自分ができる仕事は何か、これからできそうだなと思う仕事は何か、1年くらい先を見据えて考えてみます。この時点ではあまり固く考えずに、やりたいことや興味のあること書いて、具体的に絞り込まないようにするのがコツです。

ターゲットをさだめて実行

3つのステップでキャリアの方向性がみえたら、転職ターゲットを絞りましょう。その時は職種と業種、規模と国内か外資系か、待遇、この5つのポイントから、どんな企業を狙うべきかをきめていきます。ターゲットがみえてきたときには、何が採用担当者にアピールできて、人材として評価されうるのか、自分の市場価値が自ずとつかめているはずですから、明るい転職に向けて動き出してみるといいでしょう。また、好景気の時に転職しやすいのは同業種と同職種の組み合わせで、次いで、同業種と異職種になります。

営業の転職サイトでは、登録無料で希望する勤務場所や給与体系、雇用条件などの条件を登録すると条件にあう会社を紹介してくれます。