知らなかった!保育士の免許取得までの険しい道のり

  • -

知らなかった!保育士の免許取得までの険しい道のり

どんな人が保育士免許取得に向いているの?

子どもが幼少期に過ごす環境は、その子の将来にまで大きな影響を与えますよね。そんな子ども達の健やかな成長を見守る役割を担うのが保育士なんですよ。保育士の仕事は体力的にも相当大変な仕事なので、「子どもが好きだから」などの安易な理由で目指す事の無いようにすると良いでしょう。保育士に本当に向いている人というのは、保護者がいない環境で子どもたちの親代わりとなって真剣に子育てをする事ができる人と言えるんですよ。

保育士の免許を取得するまでの道のりとは

本格的に子どもに関わる仕事を目指す人にとっては、保育士の資格を持っている事は相当有利になりますね。そんな保育士免許を取るためには、大学や高校などで所定の単位を取得する必要があるんですよ。しかし、高校を卒業していなくても、児童福祉法による特例で認定保育園での勤務経験が2年以上あれば保育士試験を受験できるようになったんです。更に平成24年の法改正により、無認可保育園での実務経験も勤務経験にカウントされるようになりましたので、受験までのハードルは低くなったと言えますね。

保育士免許を得るための試験内容とは?

保育士試験の試験内容は大きく分けて、筆記試験と実技試験の2種類なんですよ。特に筆記試験は難易度が高く、出題範囲も9科目ととても広いので、念入りな勉強が必要ですね。実技試験では、ピアノ又はギターを使った歌唱テストが行われます。歌や楽器が得意でない人はひたすら練習が必要ですね。また、造形表現科目として、子ども達に各自が用意した童話や物語を聞かせる設定の試験もあるんですよ。日頃から物語作りの練習をしておくことが免許取得のコツとなりますね。

保育士の求人を神奈川で探しているなら、たくさん見受けられますので便利です。なぜなら、希望のシフトや給与に応じて選べるからです。